2020年04月01日

ケアの考え方

からだの外、特にお顔のケアは念入りにされている方は多くても、中からのケアは大丈夫だろうかと自信のない方も多いと思います。
私自身はどちらも今一つで、周りのお友達を見渡すと、エステに病院にと時間もお金もかけて、美意識も高いなと感心すると同時に羨ましくも有ります。
多くの時間もお金もかけられずなので、サプリメントくらいは摂りたいと思っても、サプリメントもあれやこれやと摂り入れるとお金も結構な金額となります。
お顔や体のケアも、化粧品もピンキリで、年齢が重なると共に、ある程度のものを使わないと差が出てくるものでもあります。
何をしても綺麗な方、稀にいますが、本当に稀。
何もしていないという方はいないものです。
健康的、若々しさを感じる見栄えには、ケアが必要不可欠なのが本当のところです。


日本セドックさんのCELLEFトータルビューティセット
CELLEF、今年3月2日に発売されたばかりのスキンケアの新ブランドです。
日本セドックさんは聞いた事がある方は多いと思います。
歯磨き粉のアパガードMの製造をされているのが日本セドックさんです。
その日本セドックさんが長年の細胞研究に基づいて、独自サイエンス理論から導き出した細胞スキンケアのCELLEF。
年齢を重ねると肌の細胞が居眠りをして活性が鈍くなるので、その細胞に働きかけるエイジングケアブランドなのです。
何だか色々手を尽くしても結果が出ないと感じている40代、50代の肌を活性化させてくれると言うことです。
肌に効果的なポリアミン、コラーゲン鳥ペプチド、3種類のビタミンC誘導体など配合し、居眠りをしている肌を動かして健やかな細胞に導いてくれます。
化粧水美容液サプリ.jpg
そのひとつが導入化粧水のセルエフ インテンシブ コンセントレート
スタイリッシュな容器が素敵です。
透明のさらっとした液体で、角質や皮脂膜でガードされている肌を保湿しながら柔らかく整えて、美容成分をより一層浸透し易い状態へと導いてくれます。
500円玉大を手に取り、肌にのせるとグングン吸収してくれるんです。
もっと手に取った方がいいのでは?と始めは思ったのですが、これが肌に載せるとこの量くらいで肌が落ち着くのです。
その秘密は潤い浸透ルートを形成し、経皮吸収を促進させるという事なのですが、難しい事はよくわかりませんが、いくらでもお代わりできそうな化粧水です。
しかし大体目安の量で満足できるようで、肌を満たすと柔らかな赤ちゃん肌に近付いてくれています。
化粧水美容液.jpg
ふたつめは浸透型クリーム状美容液、セルエフ デリバリー ブースター
こちらは化粧水の容器以上に、シルバーのメタリック感がスタイリッシュです。
化粧水に続いて使いますが、プッシュしてみるとこっくりしつつホイップのような柔らかなクリームで、香りはほぼ原料のみと思います。
化粧水で柔らかくなった肌に伸ばしてみると、重さを感じない柔らかさがあり、肌にも伸ばしやすいです。
なんとも表現がしにくいのですが、乳液のようなべったり感の無いテクスチャーで、ふんわりした感じです。
使用してみて化粧水同様、これで量は足りているのかと感じるのですが、肌に伸ばしてしっとりと落ち着いて、肌が更に柔らかく、張りが出ます。
べたつきが全くなく過ごせるのは、使い始めは大丈夫かなと感じて、私は2プッシュ使用の所を乾燥の酷い部位には3プッシュで使用して重ね付けしていました。
しかし重ね付けをしなくても乾燥せず過ごせますし、べたつきも全くなく、きちんと肌に吸収されて守ってくれています。
なによりも乾燥と花粉症で困っていたところに使い始めたのに、刺激を感じることもなく、エイジングにも効果を発揮してくれていると感じます。
サプリ.jpg
そして外せないのが体の中から綺麗を目指す、スキンケア発想のサプリメント、セルエフ インテンシブ チャージャーです。
化粧水と同じくもりガラス調の落ち着いたシンプルな容器です。
栄養補助食品で、朝に飲んで一日の活動の源に飲む美容液で、大人女子を連想させる黒いソフトカプセルの中には、キー成分セルアクティブインナーと、アマニ油、高吸収型イソフラボンが配合されています。
3粒飲むだけなのですが、もしも朝に飲み忘れたとしても、飲みやすい時間に飲んでokなので大丈夫。
続けやすい時間に飲むことができるのもいいですね。
飲みやすいソフトカプセルで、においはありますが、口に入れて水で飲むので気になる方は少ないかと思います。
今まで飲み続けていたサプリメント多数、その中にはイソフラボンもあります。
しかし更年期対策を色々と試しても今一つだなと感じています。
こちらを飲み続けてみて、お友達に「化粧品変えた?」と聞かれました。
「基礎化粧品を変えたよ。」と話しましたが、インテンシブチャージャーのおかげも大きいと感じます。
一瓶を飲み切るまで、他のサプリメントを飲まずに過ごしてみようと飲まずに過ごしても調子がいいと言うことは、他は要らないと言うことなのかも知れません。
腸内からも美容成分や女性ホルモンを補いながら、肌力をアップさせてくれるインテンシブチャージャー、美肌だけではなく細胞に必要な栄養を効率よく体内から吸収でき、細胞活性のための美容サプリメントなのですね。

この3点をセットで使う意味、かなりあるのかも知れません。
これが化粧水だけ、クリーム状美容液だけ、サプリメントだけとなると、効果も減ってしまうのかと思えます。
そしてクリーム状美容液は、一つ使い終えたら、もう一つ新発売される美容液にシフトして、それを使い終えたらデリバリーブースターにと、抗体交代で使うのが良いそうです。
まだ発売されたばかりの製品ですが、私の中で今年一番変化を感じられた製品にエントリーです。


posted by miu at 18:01| ロサンゼルス ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]